出たくない相手から電話がかかってきたときに、iphoneで着信拒否をする方法があります。
操作手順はこうである、といった具合に、それぞれの方法についての説明です。
最も簡単なのがスリープボタンを押してしまう方法です。
出たくない相手から着信があったら素早くスリープボタンを押すだけです。

しかし、この方法は簡易的で、いつもかかってくる相手に対してはあまり有効な手段ではありません。
iphoneの本体機能を利用するのが便利です。
iphoneの電話アプリを起動します。
画面下部のメニューから履歴もしくは連絡先を選び、着信拒否をしたい番号や連絡先を見つけます。
該当項目の右端に表示されているiのアイコンをタップします。
表示された画面内の下の方に、この発信者を着信拒否という項目がありますので、そこをタップします。
連絡先を着信拒否という画面があらわれた後に、その文字をタップすれば設定は完了です。
同じ場所から着信拒否の解除も可能です。
この方法は、連絡先の電話番号がわかっている場合に利用できます。
相手が電話番号を非通知でかけてくるなら、iphoneのおやすみモードを応用します。
おやすみモードの設定で今すぐオン・オフの項目でオンに切り替え、時間設定や繰り返し着信の項目はオフに切り替えます。通知の項目は常にするにチェックを入れます。
画面内の着信を許可を選び、グループのすべての連絡先にチェックを入れます。
これでおやすみモードにしても、連絡先に載っている人の連絡を受け取れるようになります。
大手キャリアの着信拒否に関連するサービスも利用可能です。
こちらの方法に頼ればiphoneの設定で着信拒否をした後、キャリアからの知らせやメッセージが届く煩わしさを回避できます。
ドコモからは迷惑電話ストップサービスを提供中です。
月額料金などはかかりません。最大30件まで対応できるサービスです。
auからは迷惑電話撃退サービスが提供中です。
月額料金として100円を支払いますが、電話きほんパックに加入していると無料で利用できます。
iphoneの設定次第で電話に出なかった相手の電話番号を拒否する、一度出た後に着信拒否をするなどの手順が異なってきます。
前者は30件、後者なら10件までの対応です。
ソフトバンクからはナンバーブロックが提供されています。
月額料金は100円で、iphone基本パック加入なら無料です。
着信拒否として登録できるのは最大20件です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です