iphoneの機種別比較で歴史を振り返りましょう。2011年のiphone4は強化ガラスを平面に利用したシャープなデザインと、高解像度でアプリが楽しめるものでした。iphone4S以降は音声認識やiCloudの搭載が話題となりました。
iphone5からはディスプレイが大型化し、iphone5Cは背面素材に強化ポリカーボネートとカラーバリエーションを採用し、iphone5Sでは指紋認証センサーが革命を起こしました。
iphone6は丸みを帯びたデザインになり、大型のストレージが搭載されました。
iphone6Plusは大型ディスプレイが人気でした。iphone6Sは3DTouch機能が加わり、旧モデルよりも強度が増しました。
iphone6SPlusはバッテリー容量の増加と、光学式手ブレ補正が特徴でした。
iphoneSEはiphone5シリーズのデザインと、iphone6Sのスペックを併せ持つのが特徴でした。
iphone7は防水防塵機能が追加され、デザインにも大きな変化がありました。イヤホンジャックが廃止され、スピーカーがモノラルからステレオになりました。
iphone7Plusは望遠カメラが搭載され、撮影する構図の幅も広がりました。
iphone8はアルミベースで背面にもガラスコーティングが採用され、ワイヤレス充電に対応しました。
iphone8Plusは大型のディスプレイが採用されており、デュアルカメラが搭載されました。
iphoneXは10年先の未来を見据えて開発されたモデルです。
ホームボタンやTouch IDの廃止によって操作性が変化しました。端末全面をほぼ全てディスプレイとして利用するのが最大の特徴です。
iphoneXは従来のディスプレイよりも高画質となり、新しくFace IDも搭載されました。
Face IDは顔と周辺パーツの配置を記録し、観測し続けることで正確な認識ができるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です