離れた場所にいる家族や友人を探すにはどんな方法があるか考えるなら、iphoneのアプリを活用するのがおすすめです。iphoneには友達を探すというアプリが標準で付いています。相手が持っているiphoneなどのデバイスに搭載されているGPS機能を用いて、位置情報を確認し、場所を特定できるサービスです。iphoneを持っていれば無料で使うことができます。友達を探すという名称ですが、友達でなくても相手が許可さえすれば、誰でも探すことが可能です。
手順として、位置情報の共有から始めます。設定内にあるアプリの項目からiCloudを選びます。項目の中から位置情報を共有を選び、タップします。表示された画面にある、位置情報を共有のスイッチがオフになっていたらタップしてオンに切り替えます。下にある共有元をタップし、共有したいデバイスを選びます。これで共有の基本設定は終わりです。
次に友達を探すのアプリを起動します。友達を追加、もしくは追加の部分をタップして画面を切り替えます。探したい相手を追加することでアプリの機能を活かせます。このときにAirDropが有効になっていると、周辺にいるiphoneユーザーで同様にAirDropを有効にしている人を自動的に探せます。それ以外の人を探すなら連絡先から選びます。自分の位置情報を共有という画面内に宛先の項目があり、プラスのアイコンが表示されています。このアイコンをタップすると連絡先が一覧表示されます。この中から共有したい相手を選び、相手に連絡します。メールアドレスの部分をタップすると相手の名前が表示されますので、送信の部分をタップします。共有する期間の設定項目があらわれます。1時間、明け方まで、無期限の3つから選べます。希望する期間を選べば、特定の相手と共有することが可能です。
設定後に位置情報の共有がオフという文章が表示された場合は、設定を選んでシステムサービスから位置情報を共有のスイッチをオンに切り替えておきます。
共有が完了した後は地図による位置情報や、共有に関係する設定、使用中の端末、メールアドレスなどの情報が表示され、確認できます。相手との共有を解除したければ、自分の位置情報の共有を停止を選べば、簡単に解除できます。共有相手の情報も見たいなら、フォローをリクエストを押すと、相手に通知が届きます。相手が許可すれば、相手の場所を調べることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です