iphoneの便利機能

iPhoneはモデルチェンジを繰り返す毎に本体のサイズが大型化しているため、文字が見やすくなり写真なども鮮明かつダイナミックに楽しめるようになった反面、片手で操作をすることが困難になりました。
特に手が小さな女性などは両手で操作するのがスタンダードになり、荷物を持っている時には一旦置くといった手間がありましたが、OSのアップデートにより追加された便利機能1により、片手でも楽々文字入力ができるようになっています。
それは、新たに追加された片手用のキーボードであり、設定を操作するとキーボードを右もしくは左といった利き手に合わせて寄せられる仕組みです。
端末の全ての設定を統括しているアプリからも行えますが、既に文字を入力している途中でも切り替えられるので、作業を中断せずに任意の方向に寄せられます。
アプリからセッティングするのなら一般の項目からキーボードに進み、片手用という文言が書かれている選択肢をオンにして有効化させると反映されています。
一方、入力画面から離れたくないのなら最下部の左に位置している地球のマークを長押しし、現れた項目の5段目にある3つのアイコンのうちどれかを選択してください。
新しいOSでは他にも入力に関係することが強化されており、便利機能2としてはQRコードを純正のカメラ機能で読み取れるようになった点が挙げられます。
それまでは外部のアプリをインストールしなければコードの読み取りはできなかったのですが、ついに待望されていたシステムが組み込まれました。
しかも、さらに専用の純正アプリを追加するのではなく、既存のカメラで代用できるようになったのは、できるだけシンプルに使っていきたいと考えているユーザーの思いと合致しています。
便利機能2のQRコードのスキャンは大変簡単で、普段静止画や動画を撮影するように起動させた後、任意のコードをカメラで捉えてディスプレイに映し出すだけで良いです。
瞬時に完了し上部に読み取られた内容やURLがポップアップ表示され、選択すればリンク先にアクセスできたり、文言の詳細を知ることができます。
さらに、ウェブサイトの閲覧を楽しむウェブブラウザでは、表示中のページをPDFとして保存させられるようになったので、他社のデバイスと共有したり印刷を実行してもレイアウトが乱れてしまわず、見た通りの状態でアウトプットや共有が行えます。
このように、他社のソフトで代用していたり憧れていた操作が実現化させられたのが、この度公開されたシステムです。